Web広告、インターネット広告のことならL-net

03-3524-92639:30~18:00(土日祝除く)

動画を見てほしい相手は決まっていますか?

ここ数年、YouTubeやニコニコ動画の広告を目にする機会が増えたからか、「ウチの会社でも動画をつくりたいんだけど…」というお問い合わせをいただくことが増えています。
ただ、中には、具体的にいつ、どこで、誰に、どのように動画を見せるのかをイメージできていない方もいらっしゃいます。

見てほしい相手を具体的にイメージすることで、視聴シーンに合った動画を作ることができます。
ここでは、実際の制作事例をいくつか紹介します。

ケース1 法律事務所H様

画像1

このケースでは、YouTubeユーザーに、いかにスキップされずに、最後まで見てもらうか、について工夫をする必要がありました。そこでこのような方針で企画を練っていきました。

・尺をできるかぎり短くする
・出だしで「何だろう?」というインパクトを与える
・CM色を出しすぎない
・説明しすぎない

このクライアントについては、すでに15秒、30秒のテレビCMも制作していましたが、安易にそれを流用するのではなく、YouTubeのためにまったく別の企画を提案し、成果を挙げることができた事例です。

ケース2 株式会社A様

画像2

このケースでは、システム会社のA様から、「営業先に持っていって、CTIの仕組みを簡単に伝えられる動画がほしい」というご依頼をいただきました。
営業のアポをとったうえで、営業先の会社の会議室等で、相手も「見る気になっている」状態での視聴が想定できたため、このような方針で企画を進めました。

・尺は長すぎず、適度に
・製品の説明を丁寧に
・動画としての「おもしろさ」よりも、営業ツールとしての「わかりやすさ」を重視

システムやサービスのように「かたち」がないものを、わかりやすく説明するうえでは、動画が有効です。営業で、限られた訪問時間を有効に使うために、「動画で見せてしまう」のもよい手段なのではないでしょうか。

ケース3 M酒店様

画像2

日本酒の中でも「燗酒」に特にこだわりがある酒店様からご依頼いただいた案件です。
サイト内の買い物かごから直接商品を購入することができるため、ブランディングに注力しつつ、購買にもつながるような動画にしました。

・お店のこだわり(燗酒)をモチーフに
・適度な長さで(冗長になってサイトから離脱しないように)
・ゆったりした気分で買い物できるように(派手さ、にぎやかさは不要)

競合サイトの中で、ユーザーに対して、自社のブランディング・イメージを強く伝えるために動画を活用いただいた事例です。

まとめ

「いつ、どこで、誰に、どのように」見せる動画なのか、企画段階で十分に詰めておくことで、目標となるゴール(ブランディング、企業名の浸透、顧客獲得、購買など)に近づくことができます。
弊社にご相談いただければ、こうした観点から丁寧にヒアリングを行い、お客様が見てほしい相手の視聴シーンに合わせた動画を制作します。
ぜひ一度、ご相談ください。