Web広告、インターネット広告のことならL-net

03-3524-92639:30~18:00(土日祝除く)

YouTube動画は広告の新しい世界を切り開く

「YouTube広告の仕組みや特徴について知りたい」
「YouTube広告を始めたいけど、なんだか難しそう・・・」

YouTube広告、始めるのは簡単です

「仕組みがよく分からない」「なんだか難しそう・・・」という理由で、YouTubeの動画広告を始めるのをあきらめていませんか?

実は、YouTube広告を始めるのは簡単です。ここでは、その仕組みや特徴をわかりやすく解説します。

YouTube広告の種類

YouTubeの広告は大きく分けて、純広告とTrueViewの2種類があります。

YouTubeの純広告

純広告では、1日単位で課金(CPD Cost per Day)されます。また、また、Googleの担当アカンウトマネージャー(法人営業)を通さないと、掲載できません。
代表的な純広告の例として、YouTubeのトップページに表示される「マストヘッド」が挙げられます。

TrueView広告

一方、TrueView広告は、YouTubeで動画を視聴する前に流れるインストリーム広告をはじめとする、YouTubeの視聴課金型(CPV Cost per View)の動画広告です。視聴課金型では、動画広告が「視聴」されて始めて課金されます。

また、AdwordsというGoogleが無料で提供している広告プラットフォームで簡単に運用を開始できます。
まず、YouTubeに動画をアップし、Adwordsで動画広告として入稿します。
次に、配信するターゲットや単価などを設定します。最後に、予算を設定して運用を開始します。

YouTubeで動画を管理して、すぐに動画広告を配信したいと考えている方には、手軽なTrueView広告をお勧めします。

※「視聴」と見なされる条件はTrueViewの種類によって異なります。

TrueView広告はYouTube上に以下のように表示されます

  • インストリーム広告

    本編が再生される前に表示

  • インディスプレイ広告(1)

    動画検索時に、
    検索結果の上部に表示

  • インディスプレイ広告(2)

    動画再生時に、
    右の動画リスト上部に表示

YouTube(TrueView)広告を利用するメリット

  • 1. 動画を持っていればすぐに開始できます。
  • 2. 低予算から始められます。
  • 3. YouTubeの月間利用者約10億人に訴求できます。
  • 4. 年齢、性別などターゲットを絞って表示が可能です。

L-netには、YouTube広告を手掛けてきた実績があります

動画を分析して改善 YouTubeアナリティクス

YouTube広告は動画を作って公開したら終わりではありません。
動画がどのように見られているか分析できる「YouTubeアナリティクス」を利用して改善を行なうことで、より多くの集客ができる可能性が高まります。

また、YouTube広告から、Webサイトに誘導させたいというご要望があった場合、L-netではWebサイト制作のお手伝いもしております。

YouTube以外にも動画広告が使われています。

GYAOやニコニコ動画といった動画配信サービスでも動画広告が一般的になっています。