Web広告、インターネット広告のことならL-net

03-3524-92639:30~18:00(土日祝除く)

Youtubeアナリティクスとは

Googleが無償で提供しているツールといえば、Googleアナリティクスが有名ですが、YouTubeにも無償で提供している解析ツール、YouTubeアナリティクスがあります。

このツールを使えば、マイチャンネルにアップした動画のデータを多角的に分析することができます。

どのようなユーザーが動画を見ているのか?

視聴しているユーザーの属性について、確認することができます。
例えば、年齢、性別、視聴しているデバイスがそれにあたります。
その他にも、どのページで再生したかという再生場所に関するデータ、ウェブ広告経由か自然検索経由かといったトラフィックの種類についても確認することができます。

また、どの動画がよく見られているか、どこで視聴をやめたかといった情報を得ることもできます。
例えば、期間を指定して、チャンネル内の動画の再生回数ランキングを見ることができます。
あるいは、ユーザーがどこで再生をし、どこで再生をやめたかという数値(維持率)を グラフで見ることができるのです。

※ 絶対的な維持率と相対的な維持率があります。
  絶対的な維持率は、対象となる動画のみの維持率のことを、
  相対的な維持率は、同様の長さの他の動画と比較した際の維持率のことを指します。

こうした情報をもとに、どう動画を修正すべきかの仮説を立て、次の動画制作時の改善へと繋げていくのです。

※参照
 https://www.youtube.com/yt/playbook/ja/yt-analytics.html