Web広告、インターネット広告のことならL-net

03-3524-92639:30~18:00(土日祝除く)

その他の動画広告について

GYAO!(Yahoo!)のビデオ広告について

GYAO!は、完全無料ブロードバンド放送サービスとして、 2005年4月、USEN株式会社が開始しました。 その後、2009年4月、Yahoo!の傘下に入り、Yahoo!の保有する動画プラットフォームとして、月間のページビューは4億、ユニークユーザーは1,900万規模※1を誇っています。

2015年3月からは、テレビ東京などのテレビ局と協力して、 テレビ番組を無料配信するなど注目を集めています※2

GYAO!では、2013年から本格的に動画広告(ビデオ広告)を強化しています。
ビデオ広告には主に「インストリームアド」と「インスクロールアド」の2種類があります。

「インストリームアド」は、ドラマ、映画等の映像が再生する前に挿入される広告です。
一方、「インスクロールアド」は、ユーザーがブラウザ上で画面をスクロールして、ビデオ広告の再生画面が表示された際に、ビデオ広告が再生される仕組みです。再生のタイミングは配信者(広告主)がコントロールできます。

※1 月間PV4億・UU1,900万規模を誇るGyaO!その強みは「編集力」と「調達力」

※2 無料映像配信サービス「GYAO!」、テレビ東京の番組を無料配信へ

ニコニコ動画の再生前動画広告について

ニコニコ動画では有料会員制度を採っており、
動画広告以外に主な収益源がある点が、他の動画プラットフォームと異なっています。
しかし、ニコニコ動画でも、2014年4月から再生前動画広告を開始しました。
この動画広告は、TrueViewのインストリームと同様に、 表示開始5秒後にスキップすることができます。

また、この広告による収益は、クリエイター創作活動支援制度「クリエイター奨励プログラム」に
支払う奨励金の原資にされるそうです。

※参照 http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni045472.html